使ってはいけない悪質サイト

検索エンジンを使って、上手くキーワードを組み合わせれば、セフレ募集サイトの良し悪しを見抜けると説明させていただきました。このことは、多くの出会い系サービスに適用できる方法ですが、完璧かと言われると苦しい面があります。

 

本当に悪質なサイトというのは、人があまり足を踏み入れなくなると、サイトを一新してやり直すのです。そうなると、名前や見た目も変わってしまうため、ネットの悪評もリセットされてしまいます。移転して間もない内だと、検索エンジンに情報がヒットしないため、判別することが難しくなってしまうというわけです。

 

悪質サイトの傾向を掴んで自分で見抜く

 

セフレ募集サイトの中で、悪質な運営をしているところは、ある共通点が存在します。通常、出会い系サービスは男女両方を扱うようになっていますが、悪質サイトは男性だけを狙って運営されています。アダルトサイトのような空気を前面に押し出し、男性の性欲に訴えかけるようなデザインと感じたら、引き返すように心がけましょう。

 

また、サイトの名前が「人妻○○」といった感じの場合も注意するようにしましょう。完全に男性だけを狙っている証拠ですので、そこに男女の出会いなど存在せず、なんらかの意図が隠れているのは明白です。

 

女性も油断してはいけません

 

古くから悪質出会い系サイトは男性をターゲットにしていましたが、最近では必ずしもそうとは言えず、女性を狙って詐欺を行うところも増えています。ネットを利用する女性が急増したため、男性同様に狙われるようになったわけです。

 

こうしたサイトを避けたいのであれば、女性無料のサイトを探すようにすれば、危険を大幅に減少できることでしょう。セフレサイトだけでなく、出会い系サービスは男性のみ有料というのが一般的で、女性まで課金対象にするのは稀です。男性の場合は料金を負担してこそ安全が買えましたが、女性はその逆パターンであると覚えておきましょう。


ホーム