31歳既婚男性会社員

私は出会い系サイトのワクワクメールを利用し始めて3年ほどになります。
私がワクメを利用しようと決めたのは単純に若いセフレが欲しかったからです。

 

新規登録での無料ポイントで脈のありそうな女の子にひたすらメールを送っていると、そのうちの1人からメールの返信がありました。
その女の子(A)は出会い系サイトのプロフィールに職業お水系と書いてあり、載っていた写メは派手なドレスを着たキャバ嬢でした。
私はメールを送る前からAがキャバ嬢かもしれないとは思っていました(もちろん偽者である可能性も考慮して)。
もし本物のキャバ嬢であれば客をGETする為に出会い系をやっているのだと思っていて、セフレの可能性は薄いと思いつつも、私はキャバクラ好きだったので知り合いになるのも面白いと思ってメールをしていたのでした。
Aは予想通り自分の職業はキャバ嬢だとメールで答えました。
そして自分の勤めているお店の名前なども私に教えました。
お店の情報や地元情報などの会話から私はAが本物のキャバ嬢であると確信しました。

 

そしてAはこれも予想通りに私を店に呼ぼうとし始めました。
私はキャバ嬢の営業メールでポイントを消費するのもアホらしくなり、店に行く気が無くはないことを匂わせて1度食事に行こうと誘いました。
Aはすぐには応じず店で会おう的なメールを続けました。
しかし、無料ポイントが終わりそうで課金のつもりは無いからメールのやり取りは終わることを伝えると、Aは「じゃあ1回会おう」と折れました。

 

そして、私は自分の写メを送ってから待ち合わせ日を決めました。
待ち合わせ当日、私は美人局を警戒して待ち合わせ場所を遠くから見ていました。
するとまもなくAがやってきました。
Aは写メ通りのイイ女でした。
私は待ち合わせ場所に駆け寄りAに声を掛けるとAは少し照れた感じでした。
そして、Aを車に乗せて食事に行き、そのあと夜景の見える駐車ポイントでAと雑談をしました。
そのときすでに私は口説きモードになっていました。
Aは口説かれ慣れているキャバ嬢らしからぬ照れぶりで、助手席で顔を赤らめていました。
このとき私は予感していました。
おそらくAは初対面の印象から私に対してまんざらでもない感情を抱いていると思っていました。

 

私はタイミングを見計らってやや強引にAを抱き寄せてキスをしました。
Aは「今日初めて会ったんだっしダメだよ」と言って抵抗しましたが、私がまた強引にキスを続けると大人しくなりました。
私はAに「ホテルで休んでく?」と聞くと「これで終わりじゃない?」と上目遣いで訊き返してきました。
「今度、お店行くからさ」と私が言うとAはそれでも「う〜ん」と悩んでいましたが、私がもう一度ホテルに行くことを促すとAは黙って頷きました。
その夜、私とAは初対面でありながら肉体関係になり、それ以降セフレの関係が続きました。

 

ただ、私がAの勤めるキャバクラにも行ったのは1回だけでした。結果的にAは安易に出会い系で客を掴もうとしたばかりに、ミイラ取りがミイラになったのかもしれません。

31歳既婚男性会社員関連ページ

25歳独身男性会社員
39歳既婚男性自営業

ホーム