18才未満の未成年とのセックス

出会い系サイトと未成年関連トラブルは古くから問題視されていました。そのために法改正も何度かされましたが、今ではかなり厳しいものとなっています。出会い系サイトの登録者には年齢確認が義務付けられ、児童買春等が起きないように配慮されています。

 

当然ですが、18歳未満の異性を相手にして性的行為をすれば犯罪となります。出会い系サイト等でセフレを探す場合、相手が年齢制限にひっかからないか確認しておく必要があります。うっかり18歳未満とセフレになってしまったら、仮に相手が自己申告で成人だと言っていても、罪に問われるのは大人の側です。

 

年齢確認のある出会いサイトを使うのが一番

 

出会いサイトの中には、法律を無視して年齢確認を一切行っていないようなサイトもあります。利便性だけを考えると、そういう出会いサイトを使ったほうが良いように思えますが、危険性はとても高まることでしょう。きちんと登録時に年齢確認をする出会いサイトを使うことで、わざわざ利用者が相手の年齢を確認せずとも、犯罪に巻き込まれる危険性は無くなります。

 

さて、どのような方法で年齢確認をするかと言えば、基本的には身分証明書の画像でチェックされます。保険証や免許証のような書類を撮影して、出会いサイトの運営にメールで送信し、それで年齢確認が終わります。最近ではクレジットカード決済を使えば、年齢確認も同時に終わるサイトも増えています。

 

面倒に感じたり、個人情報を伏せたいと考える人もいるでしょうが、年齢確認は御自身のためだと認識しておきましょう。

 

18歳未満と交際したらバレると考えて間違いない

 

いちいち個人同士の交際について、警察等が介入するはずがないと思うかもしれません。しかし、実際には児童買春というのは極めて摘発率の高い犯罪で、本人に悪意がない場合でも検挙されるものです。

 

懲役を科せられるほどの重い罰則が設定されているため、人生を台無しにする恐れもあります。きちんとしたサイトを使うことで、年齢確認の問題はクリアされますから、ぜひ安全な出会いサイトでセフレを探すようにしてください。


ホーム